インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

悪狗陀 狸人さんの一般公開遺書一覧RSSフィード

悪狗陀 狸人さんの遺書

勝つために必要なこと

私はサッカーが好きな1人です。

J、代表はもちろん、J2、社会人、なでしこ、女子サッカー、
高校サッカー、などいろんなカテゴリーの試合を
生で観るのが好きです。

いまベスト8をかけたパラグアイ戦が終わりました。
そして、スカパーで総括がはじまりました。

ポポビッチは「日本、パラグアイともに『負けない』
ための試合だった」と言いました。
オシムは「もう少しだけ勇敢であれば、
もう少しだけ勇気があれば、挑戦する気持ちがあれば」
と言いました。

試合内容からみればパラグアイが勝ってました。
明日のマスコミは「惜敗」とか言うのでしょう。

サッカーは点を取るゲームです。
FWがいないチームがどうやって点を取るんだろう。

僕はたまたま日本はベスト16に残った
というのが本当のことだと思います。
(デンマーク戦はいいゲームだったけど、
フリーキックの2点があったから、だと思う)

一所懸命やるとか、チームが1つにまとまるとか、
そんなことは戦ううえで大前提のことだし、
それを殊更取り上げて賞賛することはおかしいことです。

相手の長所を消すディフェンス(=ロジック)ではなく、
どうやって勝つかというクリエイティビティ、
がサッカーのおもしろいとこだと思うんです。

その創造性に欠けてました。

具体的に言うのなら、
この4試合、攻めるために投入した途中出場の選手たちが
ほとんど機能してなかったではないでしょうか?

パラグアイ戦に限って言えば、
俊輔、森本、あたりが欲しかったし、見たかった。
(俊輔ファンではありませんが、
この試合の後半では必要な選手だったと思います)
今日の試合に勝つためには、俊輔のクリエイティビティと
それに動く選手が必要だったと思います。

もう一度、勝つために必要なことは何なのか?
これについて考えた方が良いと思います。

岡ちゃんは徹底的にそういうものを嫌ってきました。
かつてのカズ、今回の俊輔、
今回のW杯のメンバーに漏れた黄金世代の選手たち。

勝つために必要なことは、
守備的なポゼションサッカーではなく、
相手の長所を消すことでもなく、
オシムの言う「勇敢さ」なのだろうと思う。

勇者を目の当たりにすることで
人は感動するのかもしれないし、
その方法論に美学、哲学、思想みたいなものを
感じるのかもしれない。

そういうサッカーを、私は観たいと思います。

2010年6月30日悪狗陀 狸人

悪狗陀 狸人さんは現在存命中です。悪狗陀 狸人さんの一般公開遺書アーカイブはこちらです。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

bochi運営室からのお知らせ

2016年11月14日
音楽プレーヤーの埋め込みについて
2014年02月21日
お墓の天気について
2013年12月16日
メインメニューデザイン変更
2013年09月15日
お墓ページ全面リニューアル
2013年07月06日
仏間とお墓の全画面表示
2013年05月25日
仏間全面リニューアル
2013年04月14日
一般公開用お墓の関係者表示