インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

悪狗陀 狸人さんの一般公開遺書一覧RSSフィード

悪狗陀 狸人さんの遺書

How Do You Feel?

私は、あの乙武クンと今まで2度遭遇したことがある。

ファーストコンタクトは、西門から穴八幡に下る早稲田通り。
歩いている私の横を、乙武カーが猛スピードで追い越して行った。
それから数年後、サンフランシスコ行きのユナイテッドの機内。
ビジネスクラスのシートのない空間に、
乙武クンが乙武カーにちょこんと座っていた。

氏の場合はマスコミでの露出もあったので、
そんなに驚かなかったように憶えているが、
それでも実際に遭遇した衝撃はあったような気もする。

さて、NHK教育のすごい番組を見た。
「きらっといきる」。
http://www.nhk.or.jp/kira/index.html

そのなかの1コーナーのバリアフリーバラエティ、
「バリバラ」。
日本のテレビ史上初の障害者バラエティー番組、
と説明には書いてある
http://www.nhk.or.jp/kira/post/baribara.html

僕が見た回に出ていたパフォーマーは、
知的障害のある「ダジャレ王子」。
統合失調症の紙芝居パフォーマーは、
番組のタイトルをもじって
「きらっといきない」という紙芝居。
(きらっといきない、というのがペーソスが効いてる。)
さらに清水アキラよりすごかった、
谷村新司の物真似をする脳性麻痺の男性とそのヘルパー。

テレビを見て、
神戸浩さんを初めて小劇場で見た時くらいの衝撃を受けた。
なんとも言葉で表現することができない、書いている今でも。
なんと言ったらいいものやら。

マスコミがやることなので、
制作側の意図やら、障害者の方の意思やら、
その周りの人々の考えというのはわからないのだけど。
ただ、パラリンピックを見るのとは意味が違うと思う。

そもそも笑いというのは「ズレ」を感じることなので、
身体に「ズレ」があらかじめ有る人たちの芸となると、はぁ…。
談志師匠に説明してもらいたいくらいだ。

複雑な気持ちになりました。
おもしろかったけど、
見終わった後に、何とも言えない
モヤモヤ感が残ります。
この感情はなに??

(蛇足)
*ちなみに、最近流行っている、
「障害」→「障がい」の件について私見を述べます。

障害者の「害」の字の「がい」化なんですが、
白川静『字訓』によれば
「害」は和語の「そこなふ」にイコールで、
私思うに、曲がったイメージで
「わざはひ」に解釈されちゃったので
害はいかん、となったのではと思います。

角川の『新字源』によれば、
本来、「障害」は、
「障礙」あるいは「障碍」の書き換えだそうです。
(中国語では「障碍」みたいですね、中医の本を見ると)
だから「障害」というワード自体、
間違ってると言ってもいいかもしれません。
おかしな言葉です。

2010年11月11日悪狗陀 狸人

悪狗陀 狸人さんは現在存命中です。悪狗陀 狸人さんの一般公開遺書アーカイブはこちらです。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

bochi運営室からのお知らせ

2016年11月14日
音楽プレーヤーの埋め込みについて
2014年02月21日
お墓の天気について
2013年12月16日
メインメニューデザイン変更
2013年09月15日
お墓ページ全面リニューアル
2013年07月06日
仏間とお墓の全画面表示
2013年05月25日
仏間全面リニューアル
2013年04月14日
一般公開用お墓の関係者表示