インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

悪狗陀 狸人さんの一般公開遺書一覧RSSフィード

悪狗陀 狸人さんの遺書

死は誰にも等しく

門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし

あまりにも有名な一休サンの句ですが、
正月に死を考えるのは一興かな、と思いまして。

さて、私の演劇の師匠であるN氏に年末お会いして
鮭定食食べてたら、突然「遺書書いたんだよね」と。
「おまえ、オレが死んだら知らせて欲しい?」と。
葬式もしなければ戒名もいらない、それでもって
近親者にしか死の知らせもしないと仰る。
ていうかピンピンしてるじゃないですか、
そりゃ去年の今頃はN氏、三途の川の手前で彷徨ってましたが。

その師匠が、ときどきオススメの映画を教えてくれるんですが、
そのなかに「これオレの中では対になってるんだよね」と
言ってすすめてくれたのが、
『監督失格』と『エンディングノート』でした。

http://www.ending-note.com/
http://k-shikkaku.com/

『監督失格』はロードショーになってたので
昨秋に観たのですが、
「田舎ぢゃやってねえだろ」と言われた『エンディングノート』、
正月明けに当地の単館上映館でやっとこさ観る機会があり。

私は昨年、春にがんの父を亡くし
夏に大学時代の友人を自死で喪いました。
彼らの死について、
自分の内でまだきちんと整理がつかないままでいます。

ただ思うことは、死は誰にでも等しく訪れるということ。
映画のなかの
林由美香嬢の死も、砂田さんのお父さんの死も
観ている私にとっては等しく感じました。

世間はいろいろ言うでしょう。
無念の死だとか、家族に看取られて幸せな最期でした、とか。
周りの人はいろいろ言うでしょう。
いろいろ言うのが人ってもんです、
勝手に言わせておきましょう。

死は現象が無くなるだけだと思うのです。
本質が後に残れば良いのです。
それを遺った人が感じて生きてゆけばいいのだと、
僕はお正月に思いました。

一里塚 どれだけ歩けば 岸へ往く

2012年1月14日悪狗陀 狸人

悪狗陀 狸人さんは現在存命中です。悪狗陀 狸人さんの一般公開遺書アーカイブはこちらです。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

bochi運営室からのお知らせ

2016年11月14日
音楽プレーヤーの埋め込みについて
2014年02月21日
お墓の天気について
2013年12月16日
メインメニューデザイン変更
2013年09月15日
お墓ページ全面リニューアル
2013年07月06日
仏間とお墓の全画面表示
2013年05月25日
仏間全面リニューアル
2013年04月14日
一般公開用お墓の関係者表示