インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

ekkoさんの一般公開遺書一覧RSSフィード

ekkoさんの遺書

子供の脳死判定・臓器移植

いろいろなニュースがいっぱいで、あっという間に話題は消えてしまったけど・・・。
ちょうど一週間前の、6歳未満の小さな命の話題に私はすごく考えさせられた。

国内初となる、6歳未満の子供の脳死からの臓器移植。

あの日、ネット上でも賛否両論が繰り広げられていました。


そんな中でも、子供を持つ親の意見は「自分のことなら、考えるけど子供のこととなると無理」という内容が多かった気がします。


あの富山で、子供が脳死判定を受けたご両親の気持ち・・・。

「息子は立派でした」とコメントを発表し、報道されていることに涙が止まらなかった。

私には、それができるのか?


私も、自分がもし脳死状態になったら・・・いくらでも、臓器を使ってもらいたい。
以前も、そんな内容で載せているはずですが・・・今でも、その考えは変わりません。

でも、いざ・・・子供となると・・・。

健康保険証に、1人ずつ臓器移植について記入する欄があります。

本気で、うちの小学生の子供たちに伝え話し考えていかないと・・・遅い気がするんです!
莫大な資金を用意して、アメリカに渡米して手術を待つ子供たちや、それさえもできず、亡くなるのを待つ子供たち。

脳死状態になった子も、難病になった子も・・・好きでそんな状態になったわけやないんです。

キレイごとかもしれんけど・・・助かる命があるのならば、わが子1人の命で、何人かの人を救えるのならば・・・私は、やるべきだと思っています。

私は、普通の人よりも大変な思いをして子供を妊娠・出産したからこそ・・・特にそう考えるんです。


脳死状態でも、子供は成長したりするそうです。
脳死から復活した子供も、何人もいるそうです。

でも、なんらかの移植を待つ人たちは、1万3千人を超えていて、その数字を知ってしまったら・・・。



この意見は、旦那さんにも言ってない私個人の考えです。
批判されるかもしれませんが、この富山の6歳未満の男の子とご両親が、考える機会を作ってくれたのは、たしかです。

子供と一緒に、話し合って考えることをしなくては・・・そして、自分の命のことも・・・誰かの命のことも全部につながる気がするから。

2012年6月22日ekko

ekkoさんは現在存命中です。ekkoさんの一般公開遺書アーカイブはこちらです。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

bochi運営室からのお知らせ

2016年11月14日
音楽プレーヤーの埋め込みについて
2014年02月21日
お墓の天気について
2013年12月16日
メインメニューデザイン変更
2013年09月15日
お墓ページ全面リニューアル
2013年07月06日
仏間とお墓の全画面表示
2013年05月25日
仏間全面リニューアル
2013年04月14日
一般公開用お墓の関係者表示