インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

ちづえ14世さんの一般公開遺書一覧RSSフィード

ちづえ14世さんの遺書

実家に帰る日は、百々ヶ峰に登ってから帰るのが恒例です。
百々ヶ峰は、東海自然歩道が通っているので、
俯瞰で自然を楽しむのにはもってこいなのです。
ゆるーい坂道になっていて、
気分が良ければ会話だって楽しむ事ができます。

梅雨、雨あがり、湿度はMAX!
こんな日はつらい。
ポタポタと汗は流れ落ち、リュックを背負った背中はびちょびちょです。
いやいや、自然を楽しむ余裕なんて今日はないし。
いっそ雨でも降ってくれれば気持ちいいのに。

ひるむな、その一歩が道となる!
これ、いつかのTV番組「ルート66たった一人のアメリカ」からの言葉ね。
右手を高く上に上げ、喝を入れること数回、頂上に到着。

だんなさんはお気に入りのリュックに水をしょって登る。
2Lペットを3本ね。
私とのハンデを埋めるためだの、トレーニングだの理由はさておき、
いつもは捨ててしまうだけの水を、頭のてっぺんから浴びてみた。
うひょー、気持ちい〜い!
こんな使い道があったとは・・・。

つらいんだったら捨てちゃえばいいのにってずっと思ってた水、
登り終わるとすぐ捨てる、錘がわりの水、
よくわからなかった水の存在が、たちまちありがたいものに。

帰り道には、水車がある。
山水が竹を伝って水車をまわす、ちょっとした水場だ。
いつもは手ぐらいしか洗わなかったのに、
ここでも頭から水をかぶる。
存分に水を浴びる。

そーや、水は飲むもんで浴びるもんや。
つまりそれは「生」そのものや。
大いなる喜びや〜!

あまりの暑さでテンションがおかしくなる、夏の日の山登り。

2012年7月17日ちづえ14世

ちづえ14世さんは現在存命中です。ちづえ14世さんの一般公開遺書アーカイブはこちらです。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

bochi運営室からのお知らせ

2016年11月14日
音楽プレーヤーの埋め込みについて
2014年02月21日
お墓の天気について
2013年12月16日
メインメニューデザイン変更
2013年09月15日
お墓ページ全面リニューアル
2013年07月06日
仏間とお墓の全画面表示
2013年05月25日
仏間全面リニューアル
2013年04月14日
一般公開用お墓の関係者表示