インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

藤原てい氏(作家)

2016年11月15日 老衰により逝去 ニュースソース

藤原 てい(ふじわら てい、1918年11月6日 - 2016年11月15日)は、日本の作家。夫は作家の新田次郎(本名・藤原寛人)、数学者でエッセイストの藤原正彦は次男。旧姓両角。
長野県茅野市出身。県立諏訪高等女学校(現、長野県諏訪二葉高等学校/諏訪二葉高等学校)卒業。1939年、新田と結婚。1943年に新京の気象台に赴任する夫と共に満州に渡る。敗戦後の1945年、夫を一時残して子供を連れ満州より引き揚げ、帰国後しばらくして新田も帰国。
帰国後、遺書のつもりでその体験をもとに、小説として記した『流れる星は生きている』はベストセラーとなった。一部創作も含まれている。またTBSテレビ/TBSの『愛の劇場』で1982年にドラマ化された。
読売新聞「人生案内」の回答者を1997年3月まで約13年間務めた。
80歳を過ぎた頃から認知症を発症し、表舞台から退いた。
2016年11月15日、老衰のため死去。
*『流れる星は生きている』日比谷出版社 1949 のち偕成社文庫、中公文庫
*『灰色の丘』寳文館 1950
*『生きがい論』秋元書房 1971

ウィキペディアより)

流れる星は生きている (中公文庫) 旅路 (中公文庫) 新版 流れる星は生きている (偕成社文庫) 祖国とは国語 (新潮文庫) 生きる―藤原ていエッセー集 母への詫び状 - 新田次郎、藤原ていの娘に生まれて 果てしなき流れのなかに (中公文庫) 流れる星は生きている (偕成社文庫 4008)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら

bochi運営室からのお知らせ

2016年11月14日
音楽プレーヤーの埋め込みについて
2014年02月21日
お墓の天気について
2013年12月16日
メインメニューデザイン変更
2013年09月15日
お墓ページ全面リニューアル
2013年07月06日
仏間とお墓の全画面表示
2013年05月25日
仏間全面リニューアル
2013年04月14日
一般公開用お墓の関係者表示