インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

月村敏行氏(文芸評論家)

2022年1月23日 心不全により逝去 ニュースソース

月村 敏行(つきむら としゆき、本名:川瀬孝、1935年〈昭和10年〉9月7日 - 2022年〈令和4年〉1月23日)は、日本の文芸評論家。
埼玉県に生まれる。1961年(昭和36年)、京都大学文学部国文科中退。
1963年(昭和38年)、「中野重治論序説」で第6回群像新人文学賞評論部門を受賞。
埴谷雄高、吉本隆明、江藤淳の影響を受けた独自の思想評論を展開する。現代詩についての造詣も深い。
2022年(令和4年)1月23日、心不全のため死去。
*『批評の原理』(国文社、1974年)
*『幻視の鏡』(国文社、1976年)
*『江藤淳論―感受性の命運』(而立書房、1977年)
*『埴谷雄高論』(講談社、1978年)
*『詩と批評』(芹沢出版、1978年)


Category:日本の文芸評論家
Category:埼玉県出身の人物
Category:1935年生

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら