インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

後藤英一氏(物理学者)

2005年6月12日 逝去

後藤 英一(ごとう えいいち、1931年1月26日 - 2005年6月12日)は、日本の物理学者で、日本のコンピュータのパイオニアである。
東京都渋谷区の出身。15歳からラジオ製作を始めている。スイープジェネレーターを自作したほか、フェライトの飽和現象を操っており、この時のフェライトの経験が、パラメトロンにつながる。1970年代からは神奈川県藤沢市に住んでいた。
理化学研究所では特許を100近く書いたという。理研の物理学部門では、特許収入は一番との事。さまざまな原理は勉強したが、その原理がコンピュータにどう使われているかは勉強しなかったと語る。
;年度が判明しているもの
*1952年頃、TAC (コンピュータ)の開発に関わる。ただし非常に難産で数年かかっても動く見込みがなく、途中で後藤はTACの開発から離れる。TAC自体はその後に稼動に成功した。
*1954年、東京大学理学部高橋秀俊研究室に大学院生として研究中にパラメトロンを発明。以下パラメトロン関連の功績については「パラメトロン」を参照。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら