インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ウィリアム・ゴールディング氏(作家)

1993年6月19日 逝去

ウィリアム・ジェラルド・ゴールディング(William Gerald Golding, 1911年9月19日 - 1993年6月19日)は、イギリスの小説家。ジュール・ヴェルヌの『十五少年漂流記』を架空の未来に移して、少年たちの根源悪が噴出する様子を描いた小説『蝿の王』(1954年)で知られる。
コーンウォール、ニューキーの生まれ。オックスフォード大学ブレーズノーズ・カレッジ (オックスフォード大学)/ブレーズノーズ・カレッジに学ぶ。第二次世界大戦に従軍、ノルマンディー上陸作戦にも参加している。生まれも軍事基地の近くだったため、人間が互いに殺しあうという残酷さや人の心の根底にある悪というものへのこだわりは、彼の創作の強いモチーフとなる。
1979年にジェイムズ・テイト・ブラック記念賞、1983年ノーベル文学賞を受賞した。イギリスの代表的な文学賞であるブッカー賞も、1980年に受賞している。
また、ジェームズ・ラブロックによって提唱された仮説ガイア理論の名づけ親でもある。
* 蝿の王 - ''Lord of the Flies'' (1954年)

ウィキペディアより)

蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) 後継者たち (ハヤカワepi文庫) 可視の闇 尖塔―ザ・スパイア 通過儀礼 蠅の王 (新潮文庫) 後継者たち (ハヤカワepi文庫) ウィリアム・ゴールディングの読者

ウィリアム・ゴールディング氏のお墓(英国ウィルトシャー Holy Trinity Churchyard)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら