インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

山川健次郎氏(教育者)

1931年6月26日 逝去

山川 健次郎(やまかわ けんじろう、1854年9月9日(嘉永7年7月17日 (旧暦)/閏7月17日) - 1931年(昭和6年)6月26日)は明治/明治時代から昭和初期にかけての日本の物理学者、教育者。男爵、博士(理学)/理学博士。会津藩出身で白虎隊の兵士として明治政府と戦ったが、後に国費で米国留学をして東京帝国大学(東京大学の前身)に登用された『「明治150年」を強調』朝日新聞2018年1月23日 。東京大学大学院理学系研究科・理学部/理科大学長、東京帝国大学総長、九州帝国大学(九州大学の前身)初代総長、私立明治専門学校(九州工業大学の前身)総裁、京都帝国大学(京都大学の前身)総長、武蔵高等学校 (旧制)/旧制武蔵高等学校(武蔵中学校・高等学校および武蔵大学の前身)校長、貴族院 (日本)/貴族院議員、枢密院 (日本)/枢密顧問官を歴任した。
* 嘉永7年(1854年) - 会津藩士・山川重固の三男として生まれた。
* 万延元年(1860年) - 父の重固が没し、兄・大蔵(後の山川浩)が家督を継ぐ。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら