インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

花森安治氏(編集者)

1978年1月14日 逝去

花森 安治(はなもり やすじ、1911年10月25日 - 1978年1月14日)は日本の編集者、グラフィックデザイナー、ジャーナリスト、コピーライター。生活雑誌『暮しの手帖』の創刊者として、その名を知られる。
1911年、兵庫県神戸市に生まれる。神戸市立雲中小学校の同級に田宮虎彦がいた。旧制兵庫県立長田高等学校/兵庫県立第三神戸中学校から松江高等学校 (旧制)/旧制松江高等学校に進む。旧制高等学校/旧制高校時代、校友会雑誌(第20号:1932年12月が花森の責任編集号)の編集に参加したことが編集者としての出発点になったと語る。
東京大学/東京帝国大学文学部美学美術史学科に入学し、当時6万部を発行していた「東京大学新聞社/帝国大学新聞」(東京大学の学生新聞「東京大学新聞社/東京大学新聞」の前身)の編集に携わる。当時の編集部員に扇谷正造や岡倉古志郎、杉浦明平、田所太郎などがいた。

ウィキペディアより)

花森安治のデザイン 美しいものを (花森安治のちいさな絵と言葉集) 灯をともす言葉 花森安治伝: 日本の暮しをかえた男 (新潮文庫) 一戔五厘の旗 花森安治「暮しの手帖」初代編集長 (暮しの手帖 別冊 (連続テレビ小説『とと姉ちゃん』花山伊佐次のモチーフ 花森安治の本)) 暮しの眼鏡 (中公文庫) 花森安治の仕事

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら