インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

太田省吾氏(劇作家・演出家)

2007年7月13日 肺がんにより逝去

太田 省吾(おおた しょうご、1939年9月24日 - 2007年7月13日)は、日本の劇作家、演出家。中華民国山東省済南市に生まれる。学習院大学政経学部中退。
『水の駅』など無言劇/沈黙劇と呼ばれる独特のジャンルを生み出す。代表作に『小町風伝』(1977年初演。第22回岸田國士戯曲賞受賞)。『水の駅』、『地の駅』、『風の駅』は沈黙劇三部作と称される。
岸田國士戯曲賞の選考委員(第36回から第49回)などを務めた。
中華民国山東省済南市に生まれる。1962年、学習院大学を中退する。演出助手などを経て、1968年「転形劇場」旗揚げに参加。1970年より劇団主宰となる。
『あらいぐまラスカル』などのテレビアニメ脚本も手掛けた。
1988年、「今の演劇の状況が面白くない」と述べて劇団を解散。藤沢市湘南台市民センターの芸術監督に就任する
。近畿大学教授(1994年度 - 1998年度)を経て京都造形芸術大学教授。2007年、肺癌による肺炎ために67歳で逝去。
*『飛翔と懸垂(演劇論集)』而立書房、1975年。、。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら