インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

岡原昌男氏(検察官)

1994年7月14日 逝去

岡原 昌男(おかはら まさお、1909年(明治42年)4月1日 - 1994年(平成6年)7月14日)は、日本の検察官。第8代最高裁判所長官を務めた。
岩手県胆沢郡水沢町(現在の奥州市)生まれ。長官としての任期は1年7か月とショートリリーフであったことは、衆目の認めるところであったが、大阪空港訴訟、ロッキード事件の嘱託尋問調書をめぐり、重要な役割を果たした。1979年4月29日、勲一等旭日大綬章受章。好きな言葉は「則天去私」(夏目漱石の言葉。小さい自分の心を超越して、宇宙の大きな道に従うこと)。
* 小学校を5年、中学も4年とそれぞれ1年ずつ飛び級で、宮城県仙台第二高等学校/仙台二中から第二高等学校 (旧制) /旧制第二高等学校に入学。同高も2年で、東京大学大学院法学政治学研究科・法学部/東京帝国大学法学部英法科に入学。在学中に高等試験司法科に合格。20歳で司法官試補。
* 検事として、函館、浜松、千葉に赴任。
* 司法省刑事課長、人事課長、会計課長を歴任。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら