インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

岩川隆氏(作家)

2001年7月15日 逝去

岩川 隆(いわかわ たかし、1933年1月25日 - 2001年7月15日)は、日本のノンフィクション作家。
山口県岩国市生まれ。山口県立防府高等学校/旧制山口県立防府中学校、山口県立防府高等学校を経て広島大学卒業。梶山軍団の一員として、『週刊文春』『週刊女性』などに執筆の後、小説、ノンフィクションを上梓。1976年、『神を信ぜず』、1979年、『多くを語らず』、1982年、『海峡』でそれぞれ直木賞候補。1994年、JRA賞馬事文化賞、1995年、『孤島の土となるとも』(BC級戦犯を扱った『神を信ぜず』の続篇)で講談社ノンフィクション賞受賞。
プロ野球、競馬関係に造詣が深く、それらを題材とした著作が多い。また政界内幕もの、戦争などを主題とした。初期はマンガ原作も手がけた。同郷の後輩で、仕事仲間に作家大下英治がいる。
2001年7月15日、脳幹出血のため東京都昭島市の病院で死去。
* 『ドンブリストの冒険』文藝春秋、1974年
* 『怨み買います』青樹社、1974年
* 『神を信ぜず BC級戦犯の墓碑銘』立風書房、1976年 のち中公文庫

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら