インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

江橋節郎氏(生物学者)

2006年7月17日 逝去

江橋 節郎(えばし せつろう、1922年8月31日 - 2006年7月17日)は、日本の薬理学、分子生物学者。従三位勲一等医学博士。
東京市麹町区(現東京都千代田区)九段生まれ。
筋肉の収縮機構の解明、特にカルシウムイオンが大きな役割を果たしていることの発見で知られる。トロポニンの命名者。
東京都立日比谷高等学校/府立一中、第一高等学校 (旧制)/一高を経て、1944年東京大学/東京帝国大学医学部医学科卒業後、助手として東大に勤務。1959年にはロックフェラー研究所客員研究員となり、1959年から1983年まで東大医学部教授を勤め、その間、理学部物理学科教授、東大評議員、東大名誉教授、カリフォルニア大学/カリフォルニア・ハーバード両大学客員教授などを歴任した。

ウィキペディアより)

高等研選書06  無機イオンと生命 :もう一つの生命 医学の根っこ―日沼頼夫対談集 太陽(1965年5月号no.23) REGULATORY MECHANISMS OF STRIATED MUSCLE CONTRACTION (ADVANCES IN EXPERIMENTAL MEDICINE AND BIOLOGY)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら