インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

鶴見和子氏(社会学者)

2006年7月31日 大腸がんにより逝去

鶴見 和子(つるみ かずこ、1918年(大正7年)6月10日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の社会学者。上智大学名誉教授。国際関係論などを講じたが、専攻は比較社会学。南方熊楠や柳田國男の研究、地域住民の手による発展を論じた「内発的発展論」などでも知られる。
1918年6月10日、東京府麻布区で、父・鶴見祐輔/祐輔と母・愛子(後藤新平の娘)の間に、4人きょうだいの1番目(長女)として生まれる。母・愛子が当時外務大臣となっていた母方の祖父・後藤新平の世話をしていたため、同区麻布狸穴町/狸穴町の外務大臣官邸で生まれた(同)。同年4月8日には母方の祖母・和子が死去している(同)。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら