インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

本因坊秀哉氏(囲碁棋士)

1940年1月18日 逝去

本因坊 秀哉(ほんいんぼう しゅうさい、1874年(明治7年)6月24日- 1940年(昭和15年)1月18日)は、明治から昭和にかけての囲碁の棋士 (囲碁)/棋士。家元本因坊/本因坊家の二十一世で、終身名人制の最後の名人 (囲碁)/名人。東京出身、本因坊秀栄門下、本名は田村保寿(やすひさ)。法名は日温。
引退後に本因坊の名跡を日本棋院に譲渡し、選手権制の本因坊戦創設に導いた。棋風は力戦に強く、「序盤に策あり」と言われた。2008年囲碁殿堂入り。
川端康成の『名人 (小説)/名人』でも知られる。
囲碁棋士の高橋俊光は義弟榊山潤『新編 囲碁名言集』(教養文庫)P.28(秀哉の妻の弟)。

-(ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら