インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

武井保雄氏(実業家)

2006年8月10日 肝不全により逝去

武井 保雄(たけい やすお、1930年(昭和5年)1月4日 - 2006年(平成18年)8月10日)は、日本の実業家。消費者金融・貸金業武富士の創業者であり、2003年まで同社の会長を務めた。
1930年(昭和5年)、埼玉県深谷市で父・武井濱次郎、母・まさの元に生まれた。実家は生活雑貨などを扱う小さな商店で、ほとんど母が一人で切り盛りしていた。小学3年生の頃、父親が近所の女性と大阪府/大阪に駆け落ちした。
1944年(昭和19年)に明戸国民学校の高等科を卒業すると、熊谷市/熊谷で大日本帝国陸軍/陸軍の整備員となったが、間もなく日本の降伏/敗戦を迎えた。戦後は、日本国有鉄道職員として大宮駅 (埼玉県)/大宮駅に勤務した後、東京都/東京でビルサッシの工事を営んでいた叔父を頼って上京。建設業、野菜の行商など職業を転々とした。その後、公営住宅の主婦を相手に「団地金融」と呼ばれる高利貸し業を始めた 武井保雄とは - コトバンク。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら