インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

大下宇陀児氏(探偵小説家)

1966年8月11日 心筋梗塞により逝去

大下 宇陀児(おおした うだる、1896年(明治29年)11月15日 - 1966年(昭和41年)8月11日)は日本の探偵小説作家。本名、木下龍夫。別名、XYZ。
1896年(明治29年)、長野県上伊那郡中箕輪町/中箕輪村(現箕輪町)に父・甚五郎、母・やすのもとに生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、第一高等学校 (旧制)/第一高等学校へ進む。1921年(大正10年)、九州帝国大学(現在の九州大学)工学部応用化学科を卒業。農商務省 (日本)/農商務省臨時窒素研究所に勤務。同僚の甲賀三郎 (作家)/甲賀三郎の探偵小説文壇における活躍に触発されて探偵小説を書き始めた。
1925年(大正14年)4月、博文館の探偵雑誌『新青年 (日本)/新青年』誌上で、探偵小説『金口の巻煙草』でデビュー。
*1927年(昭和2年)、長篇『闇の中の顔』を「新青年」に発表。
*1928年(昭和3年)、窒素研究所を辞め、以後文筆業に専念。

ウィキペディアより)

大下宇陀児探偵小説選〈1〉 (論創ミステリ叢書) 大下宇陀児 楠田匡介: ミステリー・レガシー (光文社文庫) 『新青年』趣味17号 大下宇陀児探偵小説選〈2〉 (論創ミステリ叢書) 擬似新年 金魚は死んでいた 大下宇陀児 楠田匡介~ミステリー・レガシー~ (光文社文庫) 見たのは誰だ (河出文庫)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら