インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

奈良林祥氏(性医学者)

2002年9月12日 老衰により逝去

奈良林 祥(ならばやし やすし、1919年(大正8年)4月22日-2002年(平成14年)9月12日)は、日本の医学/医学者・医学博士。性の研究者。東京生まれ。謝国権、ドクトル・チエコと並ぶ日本の性医学評論のパイオニアとして知られる。
東京医科大学卒業後、東京都衛生局に技師として勤め、家族計画思想の普及と、正しい避妊法の指導に努める。
*1961年-東京・四ツ谷の主婦会館相談室長に就任。その後およそ40年の間、主婦会館クリニックで結婚と性のカウンセリングを続けた。
*1967年-「レズビアン・ラブ」コダマプレス発行。
*1973年-この年に優生保護法が成立。これによって人工中絶手術が急増したことに奈良林は心を痛め、それまで家族計画の相談を受けていた同相談室を、女性の性生活の相談を直接受ける日本で初めてのカウンセリングルームとして開設し直したことでも有名。
*1971年-「How To Sex」シリーズを出版。当時としては珍しいカラー写真を使い性交テクニックを解説。計250万部以上売れる一大ベストセラーになった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら