インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

坪内道典氏(プロ野球選手・監督)

1997年9月16日 心不全により逝去

坪内 道典(つぼうち みちのり、1914年4月7日 - 1997年9月16日)は、愛媛県伊予郡郡中町(現:伊予市)出身のプロ野球選手(外野手)・プロ野球コーチ/コーチ・プロ野球監督/監督。
からまでの登録名は坪内 道則(読み同じ)。
愛媛県立松山商業高等学校/松山商から大阪市立天王寺商業高等学校/天王寺商に転校し、立教大学に進学するも中退。
に松竹ロビンス/大東京軍の結成に参加。これには、同郷だった筒井良武の誘いがあったと自著坪内道則著『風雪の中の野球半世記』、ベースボール・マガジン社、1987年。で述べている。には選手兼任監督を務めた。住職であった弟が出征し代わって住職を務めたことと、試合中の鎖骨骨折により徴兵検査で予備要員にとどまったため、一度も戦場には赴かなかった スポニチアネックス「プロ野球を愛し続けた男・坪内道則 初の1000本安打達成」。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら