インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

櫻井忠温氏(軍人・作家)

1965年9月17日 逝去

櫻井 忠温(さくらい ただよし、1879年(明治12年)6月11日 - 1965年(昭和40年)9月17日)は、大日本帝国陸軍/日本陸軍軍人、作家。最終階級は陸軍少将。翻訳/翻訳家、教育者の櫻井鴎村は実兄。木村駿吉の娘婿で海軍中将の櫻井忠武は実弟。
1879年(明治12年6月11日、愛媛県松山市/松山城下の小唐人町(現・松山市大街道1丁目)に士族の3男として生まれる。1899年(明治32年)、愛媛県立松山東高等学校/松山中学校を卒業し、神戸税関に勤務。1901年(明治34年)11月、陸軍士官学校 (日本)/陸軍士官学校卒業(13期)。
松山の歩兵第22連隊旗手として日露戦争に出征。乃木希典/乃木将軍配下、旅順攻囲戦で体に8発の弾丸と無数の刀傷を受け(全身蜂巣銃創)、右手首を吹き飛ばされる重傷を負う。余りの重傷に死体と間違われ、火葬場に運ばれる途中で生きていることを確認されたという。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら