インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

岡本一平氏(漫画家)

1948年10月11日 脳内出血により逝去

岡本 一平(おかもと いっぺい、1886年(明治19年)6月11日 - 1948年(昭和23年)10月11日)は、日本の漫画家、作詞家。妻は小説家の岡本かの子。画家・岡本太郎の父親である。
また同じく漫画家/風刺漫画家かつ洋画家の池部鈞の義兄。
津藩に仕えた儒学/儒学者、岡本安五郎の次男で書家の岡本良信/岡本可亭(本名:良信、通称:竹二郎)と母・正の長男として北海道函館市/函館区汐見町に生まれる。東京・大手町の日本大学第三中学・高等学校/商工中学校から東京芸術大学/東京美術学校西洋画科に進学し 『官報』第6621号、明治38年7月26日、p.1042、藤島武二に師事する。この時美術学校の同級生の仲介で岡本かの子/大貫カノ(岡本かの子)と知り合い、後に和田英作の媒酌で2人は結婚するが岡本家に受け入れられず、2人だけの新居を構えた。

ウィキペディアより)

漫画と小説のはざまで―現代漫画の父・岡本一平 岡本一平漫画漫文集 (岩波文庫) かの子の記 新漫画の描き方 (国立図書館コレクション) 一平 かの子―心に生きる凄い父母 へぼ胡瓜・どじょう地獄 (1982年) (旺文社文庫) 大正後期の漫画―岡本一平・下川凹天 紙上世界漫画漫遊 (旺文社文庫)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら