インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ミヤコ蝶々氏(女優・漫才師)

2000年10月12日 慢性腎不全により逝去

ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう、女性、1920年7月6日 - 2000年10月12日)は、日本の俳優/女優、漫才師。本名、日向 鈴子(ひゅうが すずこ)。長らく上方漫才・喜劇界をリードした関西を代表するコメディアンであった。
1920年(大正9年)東京府東京市日本橋 (東京都中央区)/日本橋区日本橋小伝馬町/小伝馬町(現・東京都中央区 (東京都)/中央区日本橋小伝馬町)生まれ。鈴子が0歳、兄が4歳のときに両親が離婚し、1924年(大正13年)に父親と兵庫県神戸市へ移住した。
父はデパートで家具の販売をしながら神戸・元町で小さな家具屋を営んだ。父は芸事が好きで新内節を唄ったり寄席芸人を招いては宴を楽しんでいた。
1927年(昭和2年)家具屋をたたみ、父親の思いつきで芝居一座を結成し、娘を座長にさせた。九州の炭坑町の小さな劇場で安来節を唄い、初舞台を踏む。
その後もあらゆる芸(漫才最初の相方は人間ポンプで名を馳せた安田里美(1923=大正12年-1995=平成8年)である。、喜劇、女剣舞、バレエ、三味線など)を身に付ける。

ウィキペディアより)

ミヤコ蝶々―おもろうて、やがて哀し。 (人間の記録) 女ひとり (1966年) 泣き笑い放浪星 (1985年) (女の自叙伝) 女優の運命―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 蝶々のつづればなし ミヤコ蝶々 女ひとり

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら