インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

矢野徹氏(作家)

2004年10月13日 大腸がんにより逝去

矢野 徹(やの てつ、1923年10月5日 - 2004年10月13日)は、日本のSF作家、翻訳家。坂田 治名義による作品もある。愛媛県松山市生まれ。兵庫県立兵庫高等学校/兵庫県立第二神戸中学校を経て、中央大学法学部卒。第二次世界大戦中は学徒出陣で善通寺騎兵連隊に所属。階級は軍曹1988年5月、NASAが主催しワシントンD.Cで開催されたハインライン追悼の会でスペシャルゲストとしてスピーチした矢野は、ハインラインが『宇宙の戦士』を世界中の軍曹に捧げたことに触れ、自らの軍歴を誇りに思うと述べた。(『Requiem: New Collected Works by Robert A. Heinlein and Tributes to the Grand Master』Tor Books 1993 Yoji Kondo(Edit))。
日本に本格的なSF出版が芽生える前の、海外SFのファン1号といわれ、SFに興味があった晩年の江戸川乱歩に面識を得る『宝石 (雑誌)/宝石』昭和28年8月号「科学小説の鬼」に、矢野が渡米の直前に乱歩を訪れたとある。『続・幻影城』に収録。そのまま、SF翻訳家、SF作家となり、幅広く活躍した。

ウィキペディアより)

ウィザードリィ日記 (角川文庫) 地球0年 (角川文庫) 月は無慈悲な夜の女王 ロボット (角川文庫) 孤島ひとりぼっち (1981年) (角川文庫) 宇宙の戦士 矢野徹・SFの翻訳 (1981年) カムイの剣 (1) (角川文庫 (5610))

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら