インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

弓削達氏(歴史学者)

2006年10月14日 肺炎により逝去

弓削 達(ゆげ とおる、1924年3月31日 - 2006年10月14日)は、日本の歴史学者。専攻は古代ローマ史。東京大学名誉教授、フェリス女学院大学名誉教授。経済学博士。元日本学術会議会員。キリスト教徒 「故弓削達氏のお別れ会の報告」「反戦の輪」第17号―2007年1月10日発行。フリーライターの弓削康史は長男で、その妻は元国連開発計画駐日代表兼総裁特別顧問の弓削昭子 「元フェリス女学院大学長の弓削達さん死去」朝日新聞2006年10月18日〔財〕大日本蚕糸会蚕糸科学研究所 勝野盛夫 「皇后様がお孫さんに絹の産衣を」。
東京府出身。旧制麻布中学校・高等学校/麻布中学校を経て、1941年東京商科大学 (旧制)(現一橋大学)予科入学、1947年東京商科大学卒業。指導教授は上原専禄弓削達筆、『戦後と一橋』三一頁。1966年、『ローマ帝国の国家と社会』で一橋大学経済学博士一橋大学 , 経済学博士 , 乙第15号 , 1966-05-02 。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら