インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

木村尚三郎氏(西洋史学者)

2006年10月17日 肝細胞ガンにより逝去

木村 尚三郎(きむら しょうさぶろう、1930年(昭和5年)4月1日 - 2006年(平成18年)10月17日)は歴史学者/西洋史学者(ヨーロッパ史)。東京大学名誉教授、静岡文化芸術大学名誉教授、地域経済総合研究所名誉評議員。
日本女子大学文学部助教授、東京都立大学 (1949-2011)/旧・東京都立大学法学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部/東京大学教養学部教授、静岡文化芸術大学学長などを歴任した。
東京都杉並区出身。専門はヨーロッパ史、特に中世フランスの歴史/フランスの荘園の研究から出発した。中世史の堀米庸三の門下。
13世紀フランス中世の荘園史・法社会史の研究から出発し、歴史学者の目で見た現代文明論や、音楽・映画批評、料理や生活文化に関する著作を幅広く手がけた。また、日欧の比較文明論や文明史に係わる随筆/エッセイを新聞雑誌に多数執筆。NHK教育テレビのN響アワーの司会を、なかにし礼、芥川也寸志と三人で務め、洒脱なヨーロッパ的教養人として著名だった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら