インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西郷信綱氏(国文学者)

2008年9月25日 急性心不全により逝去 ニュースソース

西郷 信綱(さいごう のぶつな、1916年1月3日 - 2008年9月25日)は、日本文学研究者#さ行/日本文学者(上代文学・古代文学)。横浜市立大学名誉教授。大分県生まれ。東京大学#沿革/東京帝国大学英文科に進学したが、斎藤茂吉の短歌に傾倒して国文科に転じ、1939年3月卒業https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1466223/291 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 昭和14年度』東京帝国大学、1939年、p.566。丸山静とともに「アララギ」派の短歌に傾倒する。戦後、鎌倉アカデミアの創設に参加し教授、その後横浜市立大学教授を長く務め、定年後法政大学教授、この間ロンドン大学教授も務めた。最初の著作『貴族文学としての万葉集』では、防人歌、東歌(あずまうた)など庶民の歌とされていたものが、貴族歌人の仮託でしかないと論じた。その後国文学の世界ではある程度受け入れられているが、国語教育の世界では今なお浸透していない。日本文学協会に所属し、歴史社会学派の立場で研究を多数発表した。1990年、『古事記注釈』で角川源義賞受賞。1995年、文化功労者。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら