インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

井上貞治郎氏(実業家)

1963年11月10日 逝去

井上 貞治郎(いのうえ ていじろう、明治14年(1881年)8月16日 - 昭和38年(1963年)11月10日)は、日本の実業家。
「段ボール」の実用新案権/実用新案を取得。大量生産と強固な段ボール箱の開発に成功し、聨合紙器(現社名レンゴー)を設立した。「日本の段ボールの父」と評される。
兵庫県姫路市郊外で農業を営む長谷川家の三男として生まれたhttps://www.sbbit.jp/article/cont1/34911 転職30回超えのレンゴー創業者、「段ボール」の名付け親が晩年かみしめた喜びとは。2歳の時に、兵役を逃れるため遠縁にあたる井上家の死籍相続人になる。
高等小学校を卒業後、1895年から神戸市/神戸の町屋 (商家)/商家で丁稚を始める。その後中国料理店、パン屋、石炭屋等職を転々とする。1905年には妻、お雪と別れ、1人満州に旅立つ。
1909年に放浪の旅から立ち直り、東京で「三盛舎」(後に「三成社」と改名)を創業。国産ダンボール紙を技術的に完成。1920年、聨合紙器株式会社が設立された。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら