インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

坂本文次郎氏(プロ野球選手)

1994年11月25日 逝去

坂本 文次郎(さかもと ぶんじろう、1926年3月15日 - 1994年11月25日)は、和歌山県和歌山市出身のプロ野球選手(内野手)。
和歌山県立向陽中学校・高等学校/旧制海草中学卒業後は、社会人野球の日本発送電と日東紡績/海南日東紡を経て、1951年に大映ユニオンズ/大映スターズへ入団。同年は主に三塁手として起用され、規定打席(31位、打率.242)にも到達した。1953年には全試合出場を果たし、打率.280(15位)を記録。1954年には三塁手シーズン最多補殺をマークした。これは今でも日本記録である。1955年は自己最高の打率.295(12位)を残す。1958年までレギュラーを守るが、同年のシーズン終盤から葛城隆雄が台頭し定位置を譲る。しかし1960年には二塁手、遊撃手として復活、96試合に先発し初のリーグ優勝に貢献した。横浜DeNAベイスターズ/大洋ホエールズとの1960年の日本シリーズ/日本シリーズにも3試合に出場、うち2試合で一番打者として起用されるがシリーズ通算9打数2安打に終わる。1961年限りで引退。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら