インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

島田正吾氏(俳優)

2004年11月26日 脳梗塞により逝去

島田 正吾(しまだ しょうご、本名: 服部 喜久太郎〈はっとり きくたろう〉、1905年12月13日 - 2004年11月26日)は、新国劇の俳優。横浜市生まれ。
 1905年(明治38年)横浜に生まれるが、父の仕事の都合で関西に移る。
1923年(大正12年)に明星中学校・高等学校 (大阪府)/明星商業学校を中退後、澤田正二郎が率いる新国劇に入団。正二郎の急死後、辰巳柳太郎と共に主役級に抜擢され、1987年(昭和62年)に新橋演舞場で劇団創立70周年記念公演をうけて劇団を解散するまで新国劇の大黒柱として活躍。辰巳とは「動の辰巳、静の島田」と好対照のライバルとして知られた。
新国劇時代には『関の弥太っぺ』『瞼の母』『一本刀土俵入』などの長谷川伸の股旅物(またたびもの)をはじめ、『霧の音』『ビルマの竪琴』など現代劇の話題作も演じた。そのほかの代表作としては、戦国時代の武士・山本勘助を演じた主演作『風林火山 (小説)/風林火山』が知られ、1958年(昭和33年)から10年以上にもわたり公演を続けた。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら