インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

脇田和氏(洋画家)

2005年11月27日 逝去

脇田 和(わきた かず、1908年(明治41年)6月7日 - 2005年(平成17年)11月27日)は昭和/昭和期に活躍した日本の男性洋画家。新制作協会創立会員。童話的で温かな印象を受ける作風が特徴。実子は洋画家の脇田愛二郎。
*1908年、東京都港区青山に生まれる。
*1923年、旧制青山学院中学部(現青山学院中等部・高等部)中退。
*青山学院中等部中退後、ドイツに渡りベルリン国立美術学校に入学、人体デッサン、遠近法、木口版画、七宝等絵画に関するさまざまな技法を学ぶ。
*同校卒業時(1930年)に美術学校より金メダルを受賞する。
*1932年、太平洋画会に入選し、翌年には帝展に入選する。
*戦時中、フィリピンのマニラで水彩画を描いている。
*1936年、新制作派協会(現在の新制作協会)の結成に加わり、以後同協会展に出品を重ねる。
*敗戦後、大部分の作品を戦火によって失うも制作を続ける。
*1955年、日本国際美術展で最優秀賞。
*1956年、グッケンハイム国際美術展国内賞を受賞。

-(ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら