インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

川上貞奴氏(女優)

1946年12月7日 すい臓がんにより逝去

川上 貞奴(かわかみ さだやっこ、戸籍名 川上 貞(旧姓:小山)、明治4年7月18日 (旧暦)/7月18日(グレゴリオ暦1871年9月2日) - 昭和21年(1946年)12月7日)は、戦前の日本の俳優/女優。
東京都/東京・日本橋 (東京都中央区)/日本橋の両替商・越後屋の12番目の子供として誕生。生家の没落により、7歳の時に芳町 (花街)/芳町の芸妓置屋「浜田屋」の女将、浜田屋亀吉の養女となる。伝統ある「奴」名をもらい「貞奴」を襲名。芸妓としてお座敷にあがる。日舞の技芸に秀で、才色兼備の誉れが高かった貞奴は、時の総理伊藤博文や西園寺公望など名立たる元勲からファン/贔屓にされ、名実共に日本一の芸妓となった。
画像:Sadayakko Kawakami stage dress.jpg/thumb/left/200px/舞台衣装を身にまとった貞奴
ファイル:Sadayakko.jpg/サムネイル/左/200px/ベルリンでの貞奴
ファイル:1901 Max Slevogt Sada Yakko.jpg/thumb/left/160px/ドイツ画家、マックス・スレーフォークト/M.スレーフォークトが描いた貞奴(1901)

ウィキペディアより)

川上音二郎と貞奴 -明治の演劇はじまる 二人の天馬 電力王桃介と女優貞奴 実録 川上貞奴―世界を翔けた炎の女 マダム貞奴 川上音二郎と貞奴III -ストレートプレイ登場する 川上音二郎と貞奴II -世界を巡演する- マダム貞奴

川上貞奴氏のお墓(岐阜県各務ヶ原市 貞照寺)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら