インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

小松崎茂氏(画家・イラストレーター)

2001年12月7日 心不全により逝去

小松崎 茂(こまつざき しげる、1915年2月14日 - 2001年12月7日)は東京出身の画家・イラストレーターである。空想科学イラスト・戦記物・プラモデルの箱絵(ボックスアート)などで幅広く活躍した。
小松崎は東京の南千住で生まれ、青年期には日本画家を志望し花鳥画の堀田秀叢(ほったしゅうそう)に学ぶ。しかし、転じて秀叢の弟弟子の画家・小林秀恒の下で挿絵画家の道を歩むことになる。1938年に「小樽新聞」に連載の悟道軒圓玉の講談小説『白狐綺談』の挿絵でデビューし(筆名は「恒方」)、翌年には科学雑誌『機械化 (雑誌)/機械化』の挿絵で、戦争物や空想科学を題材にした絵を描き評判になる。本名のほか「三村武」「最上三郎」といった筆名を使い分けるなどして『機械化』誌上を賑わせた。

ウィキペディアより)

図説 小松崎茂ワールド (ふくろうの本) 機械化 小松崎茂の超兵器図解 (アーキテクト刊 モダンメカニクス・シリーズ) 小松崎茂の世界―少年の夢を描き続けた異能の画家 (学研グラフィックブックス) SFメカニック・ファンタジー 小松崎茂の世界 ロマンとの遭遇―小松崎茂の世界 小松崎茂 日本の軍艦塗り絵 空想科学冒険絵巻 小松崎茂絵物語BOX(5冊組) 小松崎茂と昭和の絵師たち―プラモ・ボックスアートの世界 (立風ベストムック)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら