インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

大沼康氏(政治家)

1959年1月12日 腎臓病により逝去

大沼 康(おおぬま こう、1908年(明治41年)4月8日 - 1959年(昭和34年)1月12日)は、日本の政治家である。
宮城県知事を1期務めたが、在任中に死亡した。
宮城県築館町(現・栗原市)出身。京都帝國大学(現・京都大学)農学部を卒業後、全国米穀販売購買組合連合会に入る。宮城県経済連会長などをつとめた後、1956年(昭和30年)の宮城県知事選挙に当選し、同県初の日本社会党/社会党知事となった。
知事在任中には、元岩手県出納長であり、後に社会党衆議院議員となる西宮弘を招聘、宮城県副知事を務めさせた。大沼は知事任期中の1959年(昭和34年)1月12日、腎臓病のために急逝した。
大沼の死後、後継知事選には西宮が立候補したが、自由民主党 (日本)/自由民主党の候補・三浦義男 (参議院議員)/三浦義男に敗れて落選した。西宮は1963年(昭和38年)にも宮城県知事選挙に立候補し、再度落選している。

ウィキペディアより)

別冊オトナアニメ プロフェッショナル100人が選ぶベストアニメ (洋泉社MOOK)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら