インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西岡竹次郎氏(政治家)

1958年1月14日 慢性肝炎により逝去

File:Tomb of Nishioka.jpg/thumb/西岡竹次郎ら西岡家の墓
西岡 竹次郎(にしおか たけじろう、Takejiro Nishioka、1890年(明治23年)5月28日 - 1958年(昭和33年)1月14日)は日本の政治家、実業家。西岡伊三次の養子。長崎県知事や戦前から戦後にかけ長崎民友新聞社長を務めた。
長崎市出身。1916年(大正5年)に早稲田大学法学部を卒業すると、普通選挙運動に関わり1921年(大正10年)からヨーロッパへ外遊。1924年(大正13年)に帰国すると第15回衆議院議員総選挙/同年5月の総選挙に中立候補として出馬し水産大学の誘致・総合大学の設置・国立博物館の建設等の6大政策を掲げたが、憲政会の対立候補だった本田恒之がそれを利益誘導として西岡を告訴したものの、結果的に本田・則元卯太郎(政友本党)と激戦の末に2,385票の最高点で初当選した。有権者数6,252名、投票率84.2%。

ウィキペディアより)

地方交付税制度の崩壊

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら