インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

遠藤実氏(作曲家)

2008年12月6日 急性心筋梗塞により逝去 ニュースソース

遠藤 実(えんどう みのる、1932年(昭和7年)7月6日『涙の川を渉るとき 遠藤実自伝』14頁。 - 2008年(平成20年)12月6日)は、戦後歌謡界を代表する作曲家の一人である。東京府南葛飾郡吾嬬町(後の東京府東京市向島区、現在の東京都墨田区立花 (墨田区)/立花)に生まれ、杉並区南荻窪/南荻窪1丁目に居住していた。
作曲家として世に送り出した楽曲は5000曲以上(その大部分は演歌)と言われ、舟木一夫、千昌夫、森昌子など多くの歌手を育てた。また、遠藤本人が作詞も併せて行った作品も一部存在する(橋幸夫、千昌夫、山本リンダ、こまどり姉妹、渥美二郎等の楽曲)。
第二次世界大戦時の1943年3月、新潟県西蒲原郡曽根町 (新潟県)/曽根町(現在の新潟市西蒲区)に疎開する『涙の川を渉るとき 遠藤実自伝』28頁。
父が新潟刑務所の看守へ配属されることが決まり新潟県西蒲原郡内野町(現在の新潟市西区 (新潟市)/西区内野)に引っ越しする『涙の川を渉るとき 遠藤実自伝』30頁。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら