インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

中村又五郎氏(歌舞伎俳優)

2009年2月21日 老衰により逝去 ニュースソース

二代目 中村又五郎(にだいめ なかむら またごろう 1914年(大正3年)7月21日 - 2009年(平成21年)2月21日)は歌舞伎役者。屋号は播磨屋 (歌舞伎)/播磨屋。定紋は:File:Ageha inverted.png/揚羽蝶、替紋は向い菱。俳名に紫琴。重要無形文化財保持者(人間国宝)。本名は中村 幸雄(なかむら ゆきお)。
中村又五郎 (初代)/初代中村又五郎の長男。父・初代又五郎は中村吉右衛門 (初代)/初代中村吉右衛門らとともに浅草の子供芝居で名を馳せた達者だったが、1920年(大正9年)に若くして没し、遺児・幸雄が吉右衛門に託された。初代の死の翌1921年(大正10年)1月市村座『腕の喜三郎』倅喜之助で二代目中村又五郎を襲名して初舞台を務めて以来、最晩年まで一度も名跡を替えなかった。
1961年(昭和36年)、松本幸四郎 (8代目)/八代松本幸四郎らとともに東宝に移籍。1973年(昭和48年)に幸四郎らが東宝を離れても、東宝専属だった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら