インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

砂守勝巳氏(写真家)

2009年6月23日 胃がんにより逝去 ニュースソース

砂守 勝巳(すなもり かつみ、1951年9月15日 - 2009年6月23日)は、日本の写真家である。
* 沖縄本島に生まれ、奄美大島で少年時代を送り、15歳で大阪府/大阪へ。プロボクサー(神林拳闘会)を経て写真家となる。
* 1975年3月、大阪写真専門学校(ビジュアルアーツ専門学校・大阪)卒業。
* 1982年、大阪・釜ヶ崎を主題とした個展『露地流転』を開催(キャノンサロン:大阪・銀座・広島県/広島/大原画廊:奄美大島)。
* 1984年7月、大阪『釜ヶ崎』のドキュメント・フォト集『大阪流転』 で月刊プレイボーイ誌(集英社)のドキュメント・ファイル大賞奨励賞を受賞。
* 1989年1月、釜ヶ崎を主題とした写文集:『カマ・ティダ-大阪西成』 (アイピーシー/IPC)を出版。
* 1992年7月、沖縄を主題とした『オキナワン・シャウト』(筑摩書房)を出版。
* 1993年、沖縄・奄美大島・マニラ(フィリピン)を主題とした写真展、『漂う島 とまる水』(銀座ニコンサロン・大阪ニコンサロン)

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら