インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

アレクシス・アルゲリョ氏(プロボクサー)

2009年7月1日 拳銃自殺により逝去 ニュースソース

アレクシス・アルグエーリョ(Andrés Alexis Argüello Bohórquez、男性、1952年4月19日 - 2009年7月1日)は、ニカラグアのプロボクサー。マナグア出身。身長178cm。ニカラグア初の世界王者となった。
1974年から1981年までに3階級制覇を果たした。
引退後はボクシング審判員として活動(2001年2月の世界ボクシング協会/WBA世界ライト級タイトル戦・畑山隆則-リック吉村戦でジャッジを担当)。また、2008年にはニカラグアの首都マナグア市長に就任した。同年の2008年北京オリンピック/北京オリンピックでは、開会式でニカラグア選手団の旗手を務めた。当時12歳のローマン・ゴンサレスを指導した。
何度か結婚と離婚を繰り返している。
1968年、プロデビュー。
初の世界挑戦は1974年2月16日、エルネスト・マルセルの持つ世界ボクシング協会/WBA世界フェザー級タイトルだった。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら