インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ピナ・バウシュ氏(振付師)

2009年6月30日 がんにより逝去 ニュースソース

ピーナ・バウシュ(Pina Bausch 本名Philippine Bausch,1940年7月27日 - 2009年6月30日)は、ドイツのコンテンポラリー・ダンスの振付師/振付家、舞踏家/舞踊家。
1940年ドイツのゾーリンゲン生まれ。実家はカフェレストラン。
14歳からエッセンのでに師事。18歳で首席卒業後、国費交換留学生としてニューヨーク、ジュリアード音楽院舞踊科に入学。の勧めによりメトロポリタン・オペラ/メトロポリタン・オペラ・バレエ団やニュー・アメリカン・バレエ団などで活動。
1962年に帰国し、フォルクヴァンク舞踊団でソリストとして活躍。振付を開始し、1969年には芸術監督に就任。この年の教授にもなっている。同年の作品 『時の風の中で』 がケルンの国際振付家コンクールで1位を獲得した。
1973年、の芸術監督に就任する。
ドイツ表現主義舞踊の影響を色濃く受け継ぎ、演劇的手法を取り入れたピナ独自の舞踊芸術は演劇とダンスの融合とも言われ、彼女自身は「」(ダンス演劇)と呼ぶ。

-(ウィキペディアより)

ピナ・バウシュ氏のお墓(ドイツ ヴッパータール Evangelischer Friedhof)

※ピンの位置は目安です。参拝の際は必ずご自身で詳細な場所をお確かめください。

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら