インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

庄野潤三氏(小説家)

2009年9月21日 老衰により逝去 ニュースソース

庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年(大正10年)2月9日 - 2009年(平成21年)9月21日)は、日本の小説家。庄野英二の弟。大阪府生まれ。九州大学東洋史学科卒。『愛撫』で認められ、『プールサイド小景』で芥川賞受賞。「第三の新人」の一人と目され、『静物 (小説)/静物』『タべの雲』など、都市生活者の不安定な日常を、穏やかな描写と叙述で深く彫り上げた作品を多く発表した。晩年は、老夫婦の生活や孫とのふれあいをテーマに連作を書き継いだ「作家・庄野潤三さん 平凡な日常、意志と努力で」『朝日新聞』2009年11月14日夕刊11頁、『日本大百科全書〔デジタル版〕』(小学館)2021年2月13日アクセス。日本芸術院会員。
大阪府東成郡住吉村 (大阪府)/住吉村(現・大阪市)出身。帝塚山学院小学校・大阪府立住吉高等学校/大阪府立住吉中学校を経て、1941年(昭和16年)12月に大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)英語科を卒業。九州帝国大学法文学部で東洋史を専攻するが、戦時中の特例措置で繰り上げ卒業、

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら