インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

ジョセフ・ワイズマン氏(俳優)

2009年10月19日 老衰により逝去 ニュースソース

ジョセフ・ワイズマン(Joseph Wiseman, 1918年5月15日 - 2009年10月19日)は、カナダの俳優。
モントリオール出身。その後アメリカへ移住。1930年代から10代でブロードウェイの舞台に立つ。1950年に映画デビュー。翌年、ウィリアム・ワイラー監督の映画『探偵物語 (1951年の映画)/探偵物語』の精神異常者役で話題をさらう。1962年『007 ドクター・ノオ』では、敵役のノオ博士を東洋人風のメイクアップを施して演じ、伝説の悪役となった。
他の出演作品は、マイケル・ウィナー監督の『追跡者』、『許されざる者 (1960年の映画)/許されざる者』、『USAブルース』など。21世紀になり、80歳代になってもブロードウェイの舞台に立ち続けた。
2009年10月19日、マンハッタンの自宅で病死。
* 娘のマーサはロサンゼルス・タイムズ紙の中で、「父は、舞台俳優として名前を覚えてもらいたがっていたので、ドクター・ノオ役だけで知られることを恐れていました」と語っている。実際、映画やテレビでは脇役やゲスト出演が大半だが、ブロードウェイでは主役も複数ある。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら