インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

久野収氏(哲学者)

1999年2月9日 逝去

久野 収(くの おさむ、1910年6月10日 - 1999年2月9日)は、日本の哲学者・評論家。
体系だった著作や、いわゆる「主著」と呼ばれるものがないものの、多くの評論や対談などを通じて、戦後日本の政治思想や社会思想に大きな影響を与えた。また、「戦後民主主義」の形成に寄与した人物の一人である。
久野を理解するキーワードは「市民」であると言われている。「政治的市民の復権」という書名が示すように、それは政治と無縁に生きる市民ではなく状況と参画して生きる「市民」像であった。
大阪府堺市生まれ。奈良県立五條中学校(現奈良県立五條高等学校)、第五高等学校を経て、1934年京都帝国大学文学部哲学科卒業。京都帝国大学在学中の1933年、学生の立場で「滝川事件」にかかわる。

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら