インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

西村伊作氏(教育者)

1963年2月11日 逝去

西村 伊作(にしむら いさく、1884年9月6日 - 1963年2月11日)は、日本の教育者。文化学院の創立者としても知られる。大正、昭和を代表する、建築家、画家、陶芸家、詩人、生活文化研究家。
和歌山県新宮市出身。豪商の父・大石余平、母・ふゆのあいだに長男として誕生。弟に大石眞子(次男)、大石七分(三男)がおり、三兄弟の名は敬虔なクリスチャンであった父親が、聖書に登場するイサク(伊作)、マルコ(眞子)、ステファノ/スティーブン(七分)にちなんで名付けた(伊作自身は生涯無宗教であった)。
母方の西村家は、奈良県下北山村(隣接の和歌山県北山村も含む?)一帯の山林王で、本家に跡継ぎが途絶えたため、祖母もんによって1887年に4歳の伊作が西村家の当主に、父親の余平がその後見人に指名された

-(ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら