インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

滝浦静雄氏(哲学者)

2011年6月14日 胃がんにより逝去 ニュースソース

滝浦 静雄(たきうら しずお、1927年1月19日 - 2011年6月14日 時事ドットコム:滝浦静雄氏死去(東北大名誉教授・哲学))は、日本の哲学者、東北大学名誉教授。
岩手県出身。東北大学文学部哲学科卒業。岩手大学助教授、1971年東北大学教授。1989年定年退官、名誉教授。岩手県立大学盛岡短期大学部学長。2005年秋、瑞宝中綬章受勲。
フランス及びイギリスの哲学を研究、モーリス・メルロー=ポンティ/メルロ=ポンティの翻訳を多く行った。
2011年6月14日、胃癌のため仙台市の病院で死去。84歳没。
*『想像の現象学』1972年 (紀伊国屋新書)
*『時間 その哲学的考察』1976年 岩波新書
*『言語と身体』1978年 (岩波現代選書)
*『ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン/ウィトゲンシュタイン』岩波書店(20世紀思想家文庫) 1983
*『哲学の再構築』(編)南窓社 1987年
*『メタファーの現象学』世界書院 1988年
*『「自分」と「他人」をどうみるか 新しい哲学入門』日本放送出版協会(NHKブックス) 1993
*『道徳の経験 イマヌエル・カント/カントからの離陸』南窓社 2004年

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら