インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

中山研一氏(刑法学者)

2011年7月31日 肺がんにより逝去 ニュースソース

中山 研一(なかやま けんいち、本名:乾 研一(いぬい けんいち)、1927年1月9日 - 2011年7月31日 時事ドットコム:中山研一氏死去(京都大名誉教授・刑法) 時事通信 2011年8月1日閲覧)は、日本の刑法学者。京都大学名誉教授。
滋賀県出身。滋賀県立虎姫高等学校/虎姫中学、静岡高等学校 (旧制)/旧制静岡高校を経て、1953年京都大学大学院法学研究科・法学部/京都大学法学部卒業。1955年助手 (教育)/助手、助教授を経て、1968年同大教授。1982年、京大名誉教授、大阪市立大学法学部教授。1990年北陸大学法学部教授。1998年退職。退職後も、執筆意欲は衰えを見せなかった。滝川幸辰と佐伯千仭の弟子。
2011年7月31日、肺癌のため大津市の病院で死去。84歳没。
専門は刑法、ソビエト刑法だが、京都大学教授時代には、「暗黙の教授会申し合わせ」なるものにより、刑法学講座を担任できず、ソビエト法の講義を行っていた。京都大学定年前に京大を去って、大阪市大に移ったのも、大阪市大で刑法学を講義できるからだと言われる。

ウィキペディアより)

公式サイト

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら