インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

恒松制治氏(元島根県知事)

2011年7月23日 肺炎により逝去 ニュースソース

恒松 制治(つねまつ せいじ、1923年1月21日 - 2011年7月23日)は、日本の経済学者、政治家。島根県知事(3期)。第5代獨協大学学長。連邦/連邦制・道州制を提唱。戦国武将で尼子氏の家臣・立原久綱の後裔にあたる。
* 1923年、島根県大田市生まれ
* 1941年、武蔵高等学校 (旧制)卒業
* 1947年、京都大学大学院経済学研究科・経済学部/京都帝国大学経済学部卒業
* 農林省(現・農林水産省)入省
* 農林省農業総合研究所出向
* 1958年、学習院大学経済学部教授
* 1975年、島根県知事(1987年まで)
* 1988年、獨協大学経済学部教授(1992年まで)
* 1992年、獨協大学第5代学長(1993年まで)
* 1993年、埼玉総合研究機構理事長
* 1994年、勲二等旭日重光章受章「94年秋の叙勲 勲三等以上および在外邦人、外国人の受章者」『読売新聞』1994年11月3日朝刊
* その他、社団法人行革国民会議代表

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら