インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

浜崎昌弘氏(サッカー選手)

2011年10月10日 腸内静脈瘤破裂により逝去 ニュースソース

浜崎 昌弘(はまさき まさひろ、1940年3月14日 - 2011年10月10日)は、大阪府出身のサッカー/サッカー選手。ポジションはゴールキーパー (サッカー)/ゴールキーパー。父は、関西蹴球協会、大阪蹴球協会の常任理事を務めた浜崎都雄。
明治大学を経て、八幡製鉄サッカー部に入部。俊敏な動きと、正確なキックが持ち味のGKとして活躍した。サッカー日本代表/日本代表としては、1960年9月のヨーロッパ遠征で代表デビュー。1968年メキシコシティーオリンピックのメンバーに選出されるなど、国際Aマッチ通算2試合に出場した。
2011年10月10日、腸内静脈瘤破裂のため北九州市の病院で死去。71歳没「訃報:浜崎昌弘さん 71歳=サッカー元日本代表GK」毎日新聞東京版(20項)、2011年10月13日、2017年3月28日閲覧。
* 大阪府立勝山高等学校
* 明治大学体育会サッカー部/明治大学
* -1972年 八幡製鉄サッカー部/八幡製鉄/新日本製鐵

ウィキペディアより)

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら