インターネットにお墓を作ろう! - 人生まとめサイト【bochi】

bochi はインターネット上に自分の「お墓」を作っていく、終活支援のための人生まとめサイトです。

亡くなった著名人

立川洋三氏(ドイツ文学者)

2011年10月11日 胃がんにより逝去 ニュースソース

立川 洋三(たつかわ ようぞう、1928年7月5日 - 2011年10月11日)は、日本のドイツ文学者。
愛知県名古屋市出身。東京大学文学部独文科卒業。
立教大学文学部独文科にて助教授、教授を務めて1994年に退職し、名誉教授。
1964年には「ラッペル狂詩曲」で芥川龍之介賞/芥川賞(下期)候補に上った経歴を持ち、大学教授を引退した後に小説執筆を再開した。
2011年10月11日、胃癌のため神奈川県横浜市鶴見区 (横浜市)/鶴見区の病院で死去 立川洋三氏死去(作家、立教大学名誉教授・ドイツ近代文学) 時事通信 2011年10月19日閲覧。 分詞の用法 三修社 1960.7 (ドイツ語文庫) ラッペル狂詩曲 筑摩書房 1969 テオドール・フォンターネ/フォンターネの世界 春光社 1988.12 異説の足どり 立川洋三作品集 夏目書房 1996.1 朝焼け 立川洋三短篇集 近代文芸社 1999.2 悪魔の子守唄 近代文芸社 2000.9 (近代文芸社新書) 聖ゲルトラウデ 作品社 2002.6 幸福のバラード 作品社 2003.5 解体白書をもう一度 東洋出版 2005.9 勿笑草(わらうなぐさ) 朝日出版社 2009.6

ウィキペディアより)

古代への情熱 悪魔の子守唄 (近代文芸社新書) いつの日にか 勿笑草(わらうなぐさ) 幸福のバラード 迷誤あれば

ログイン

次回から自動的にログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規登録はこちら